Orvieto 流行 red rooster : Dish Butter withカバー 21404円 Orvieto red rooster : Butter Dish withカバー ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 食器・サービングウェア Orvieto 流行 red rooster : Dish Butter withカバー 21404円 Orvieto red rooster : Butter Dish withカバー ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 食器・サービングウェア red,withカバー,:,Dish,21404円,/impudent1732524.html,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 食器・サービングウェア,Butter,Orvieto,seitoshobo.jp,rooster red,withカバー,:,Dish,21404円,/impudent1732524.html,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 食器・サービングウェア,Butter,Orvieto,seitoshobo.jp,rooster

Orvieto 流行 red rooster 贈呈 : Dish Butter withカバー

Orvieto red rooster : Butter Dish withカバー

21404円

Orvieto red rooster : Butter Dish withカバー

商品の説明

オルヴィエートROSSOコレクション
これは非常に古いと従来のパターンが含まれており、その中に作成したルネッサンス時代のイタリアの町hill-topオルヴィエートÂ € "
真にイタリアの最も一意であり、興味深いの都市、オルヴィエートの基盤になるペディオニーテは、それがチャーミング。中世の文字、主にかかっていたゴシック様式の大聖堂、Gem固有の祝日のために構築するために100年以上
「Galletto」( Rooster )パターンのメイン・モチーフは適切なCrowingの酉象徴Wishesのヒーロー、繁栄と福祉
手描きで、完全にイタリアデルータで手作りÂ € "

Orvieto red rooster : Butter Dish withカバー

インド料理を食べたり、食べたり、作ったり、食べたり。たまーにインドに行ったり。

今回のインド旅行で口にした、その他いろいろです。

ムンバイで飲んだチャーイ屋
キャラクターが目立ちます


コルカタで飲んだチャーイ
宿に近かったので何度かよりました


コルカタの別の屋台
コルカタは素焼カップを使っているお店が多いようです


LCCの機内サンドウィッチ
隣席の人がくれちゃいました
美味しくないです



ミスティ ドイとシュリカンド
ミスティ ドイは安定の美味しさ
シュリカンドはいまひとつでした



コーク マンゴー
はじめて見ました、味わいました。
確かにマンゴー味。美味しかったです。



たぶんインド限定味
これも各国の限定味があって面白いですね



チョコ

いままでチョコは輸入品ばかりかと思っていましたが、インドメーカーのものもあったのですね。はじめて知りました。



歯磨き粉(飲食ではないけど)

インドではこの歯磨き粉を気に入ってます
よくあるスパイシーな味がベースですが、はちみつ味がプラスされているのがポイントです。
インディラ・ガンディー国際空港T3International Departures

今回のインド旅行もおしまいです。
最後は空港のラウンジで出発を待ちながら料理をいただきました。
レッド マスール ダール タルカ、シャヒ パニール、ベジ フライド ライス、チキン ティッカ、ホット バジル チキン、アジアン ベジタブル ジンジャー チリ ソース、ローティー、ムーング ダール バルフィー

あまり美味しくないです。
先入観でそう思っちゃうのかもしれないけど、こーいったタイプの料理はあまり美味しくないと感じます。町なかで食べた料理のほうが自分の好みに合っているような気がしました。

ただ菓子類はどこで食べても美味しさはだいたい同じですね美味しいです。

 Rasbhari ラスマライ
Zakir Nagar Main Rd, Mehboob Nagar, Jogabai Extension, Zakir Nagar, Okhla, New Delhi


今回は毎回行くオールドデリーのお店ではなく、別のニハーリーを食べてみることにしました。
すごく賑わってて、その活気・勢いに入店をたじろぎそうになっちゃいました。


何だか分かりませんが、いろいろ美味しそう



肉肉肉!



ローティーづくり


ここら辺は英語が通じない率が高いようで、注文とりに来た店員さんも英語は通じなかったです。
「ニハーリー、ローティー」を注文したのですが、その後いろいろヒンディーで質問されて、チンプンカンプンでした。 


意思が伝わったのか不安でしたが、ちゃんと頼んだものがきました。
「ニハーリーはスープ」 って思う場合もあるけど、ここのは全くそう思わない粘度がかなり高いタイプ。ニハーリーっていろいろありますね。
肉が柔らかくて美味しいです。


↑このページのトップヘ